新しい毎日を、一緒に。

  • 乗務員はマスク着用、
    日々の健康管理。
  • 抜群の換気能力。
    除菌、掃除の実施。
  • プライベートな空間で
    ドアtoドアの移動。
  • キャッシュレス決済で
    接触機会を低減。

日頃より新型コロナウイルス感染予防対策にご理解ご協力いただき、ありがとうございます。
安全・安心の移動サービスをご提供できるように、ウィズ・コロナといわれる「新しい生活様式」が求められる中においても引き続き、私たちに出来ることをしっかりと取り組んでまいります。

安心してご乗車いただけるように

  • 乗務中は原則としてマスクを着用しています。
    また、咳エチケットやうがい、手洗い等の励行を徹底しています。
  • 全社員が出社前に体温検査を行っています。37.5度以上ある者は営業所へ連絡の上で自宅待機を指示します。
    始業点呼時には、運行管理者が必ず乗務員の体調を確認します。
    出社後に体調不良等の申告があった者には、体温検査を実施の上で乗務を見合わせ、保健所等の指導に従って対処いたします。
  • 始業時、終業時には、車内の除菌清掃を行っています。
    運行中も、こまめな除菌清掃を心がけています。
  • 飛沫感染防止のためのセパレートカーテン(遮蔽カーテン)を設置しています。

密を避けるために

  • タクシーはプライベートな空間で、ドアtoドアの移動ができる、唯一の公共交通機関です。車内には充電用USB端子がありますので、テレワークの場としてもご活用いただけます。
  • タクシー車内は、エアコン稼働下でも約1分で空気が入れ替わります
    運行中は窓開けを行っていますので、乗降時のドア開閉とあわせて、さらに高効率で空気の入れ替えを行っています。
    ※飛行機の全面換気は2~3分、 鉄道だと6~7分であり、タクシーの換気能力は他の交通機関に比べて高いとされています(東京ハイヤー・タクシー協会による)。
  • 一部の車両では、高効率空気清浄機の設置テストを実施しています。

接触機会を減らすために

  • 自動ドアによる開閉なので、ドアやドアノブに触れることなく乗降いただけます。無線配車の際に行う「ドアサービス」も休止しています
    ※車いすの乗降介助、ラゲッジサービスなどは必要に応じて実施いたしますので、ご要望がありましたらお声がけください。
  • キャッシュレス決済をご利用いただけます。特に「JapanTaxi」アプリのネット決済なら、車内での支払い手続きが一切ありません。
    ※「JapanTaxi」アプリのネット決済、JapanTaxi Wallet(ジャパンタクシー ウォレット)、各種QRコード決済サービス・スマホ決済(おサイフケータイ)・電子マネー・クレジットカート、タクシーチケットなど、様々なお支払方法をご用意しています。
    「JapanTaxi」アプリの行き先指定機能をご利用いただければ、車内での会話数を減らすことができます。

コロナ禍という経験を通じて、人と人が出会うことは、やっぱり素敵なことなんだ、と改めて気が付かされました。
だからこそ「どこかへ出かけること」を、より大切にしたい。
皆さまの大切なひと時のために、日本交通は質の高い移動サービスをお届けします。