プレミアムゴールド
という約束。

日本交通のサービス品質向上に終わりはありません。
どうすればもっと、安全な移動空間となるのか。
どうすればもっと、快適な時間を過ごしていただけるのか。
それは移動の先にある、人が出会うことの幸せを大切にしたいから。
創業以来、変わることのない私たちのテーマです。

桜にNのサービスを
約束する
「ゴールドタクシー」

多くのお客様からご愛顧いただいている「黒タク」は、「ゴールドタクシー」として進化しました。
私たちのサービスへの想いが、「プレミアムゴールド」に結実しています。
目印は金色の「桜にN」。
すべては、お客様の価値あるひと時のために。

日本交通の3つの約束

QUALITY
「 “人”へのこだわり。 」

ご愛顧いただいていた「黒タク」は「ゴールドタクシー」に名称が変わりました。
すべては、お客様の価値あるひと時のために。

QUALITY_01
「選ばれし乗務員」がいる
日本交通

日本交通では独自の社内基準と研修をクリアした乗務員が、ワンランク上のタクシーサービスを提供しています。

  • ゴールド乗務員

    社内基準を満たした優良乗務員が「ゴールド乗務員」。
    「桜にN」ブランドだけの、安全・安心を約束する資格制度です。

  • スリースター乗務員

    ゴールド乗務員から選抜された、より高いスキルとホスピタリティを持つサービスリーダーです。

  • EDS乗務員

    専門知識・資格を身に付けたゴールド乗務員が、観光、キッズ送迎、お出かけサポートなどEDSサービスに従事。
    新しいタクシーサービスを創造しています。

QUALITY_02
「ゴールド」は快適な
移動空間の証。

選抜されたゴールド乗務員によって運行されるのが「ゴールドタクシー」。
注文時にゴールド乗務員を指定できるのが、他社との大きな違いです。

【 主な選抜基準 】

  • 地理・接客接遇を習熟
  • 無事故・無違反、
    ノークレーム
  • 専門研修の受講

QUALITY_03
質を高めるキャリアパス
制度。

当社独自に3つの乗務員資格を設けています。
スキルを点数化して評価し、昇格・更新・降格を通じて質の向上を図ります。
  • QUALITY_04
    サービスを確かなものにする
    モニタリング制度。

    社名・氏名の名乗り、ルート確認、身だしなみなど必要な業務内容を77項目の「スタンダードマニュアル」に集約しています。
    さらに、定期的なロールプレイング、モニタリングチェック制度の実施で、維持・向上を図ります。

  • QUALITY_05
    専門機関による新人教育。

    入社した社員は、専門の教育機関にて
    安全運転、接客訓練のほか、車椅子乗降研修、英語の挨拶訓練も実施。時代のニーズに即したプロ乗務員を育てています。

SAFETY
「安全が全ての基本。」

社訓にある「安全・遵法・品質・環境を極める」という言葉。
「安全」が先頭にあるのは、それが最優先だからです。
安全教育や制度構築、設備投資だけでなく、健康管理にも力を注いでいます。

  • SAFETY_01
    社員が健康でなければ安全
    は提供できない。

    乗車ごとのアルコールチェック、自社健康保険組合による年2回の健康診断等で運転に影響を及ぼすリスクを厳しくチェックしています。さらにCWO(Chief Wellness Officer)制度を導入し、健康の増進も図っています。

  • SAFETY_02
    安全性能の高い車両と、
    自社工場での車両整備。

    衝突防止ブレーキ搭載など安全性能の高いタクシー専用車両を積極導入しています。
    国土交通省東京運輸支局長表彰を受賞した自社工場での定期検査で、常に最良のコンディションに保っています。

  • SAFETY_03
    リアルなデータを活用した安全教育。

    日々のタクシーの走行データ、全車に装備されるドライブレコーダーの映像を安全教育に活かしています。
    運転操作技術向上訓練、警察による講習会も随時開催しています。

CHALLENGE
「ITを通じた進化と社会の貢献。」

最新のIT技術の導入 × Japan Hospitalityの高度化 で、タクシーを進化させ、次代のモビリティを目指します。
それが、豊かな社会づくりへの貢献と信じています。

  • CHALLENGE_01
    これからも必要とされる
    モビリティを目指して。

    日本交通ではグループ会社・JapanTaxi株式会社を通じて最新のIT技術を導入し、タクシー産業の革新を目指しています。
    実証実験、自動運転技術の開発にも参加し、モビリティの発展を支えます。

  • CHALLENGE_02
    エコを通じた地域社会。

    環境庁「COOL CHOICE」への参加、「グリーン経営」の認証、エコカー導入、エコドライブ推奨、クールビズ・ウォームビズ実践で環境面からも地域社会への貢献に努めています。

  • CHALLENGE_03
    社会の発展・成長に、
    私たちができること。

    海外からの視察研修や、子どもたちの職業体験など、企業訪問を多く受け入れています。私たちが社会への発展に寄与することは、移動を通じて社会に幸せをもたらすことであり、それは私たちの願いです。